>

誰でも申請できるの?資金調達に悩んだときは資金サポートを利用しよう!

困った!資金サポートを受けられないのはどうして?

資金サポートを受けられない理由

民間金融機関や日本政策金融公庫であれば、資金サポートが必要な理由を話、提出書類を漏れなく揃えることが出来れば、通常は審査を通過して融資の対象となります。

ですが、融資をしてもらえるかどうかは、審査を無事に通過してからでないとわからないのも注意が必要です。

それでは、資金サポートが受けられないと判断されてしまった場合、どんな理由が考えられるのでしょうか。

一般的に融資が受けられない人の特徴として、資金が手元に全くない場合やクレジットカードやカードローンなどの返済金がまだ残っている、公共料金の支払いが遅延している、税金の支払いが未納など、様々な理由があげられます。

いくつか該当してしまっている人は、きちんと支払いが遅れている理由を説明しなくてはいけません。

未納や滞納がない場合でも、融資をする側が安心して取引出来る相手かを面接等で判断する時もあります。
謙虚な気持ちを忘れずに話し合いをしましょう。

申請する前に確認しておこう!

資金サポートを希望している人は、融資を受ける所のホームページなどを確認して、必要な書類等を事前に調べておきましょう。

会社の状況を証明するのは勿論のこと、経営者本人の状況を確認出来る書類提出等もあるので公共料金の領収書等は、捨てずに保管しておきましょう。

日本政策金融公庫で融資をしてもらう際は、面談があるのでその時、きちんと会社の状況等が説明出来るようにしておきましょう。

民間金融機関もまた、担当者と経営者が話し合う場を設けている所もあるので、説明不足にならない為にも準備しておきましょう。

資金サポートは融資をしてくれるだけではなく、良い影響を与えてくれそうな会社を紹介してくれる、または新しいアイデアが生まれるきっかけにもなるかもしれません。

どんなところにビジネスチャンスがあるかわからないので、出会いを大事にしましょう。



ページ
Topへ